基礎代謝量と総エネルギー消費量

MENU

基礎代謝が6割

1日のエネルギー消費量(総エネルギー消費量)は、基礎代謝量食事誘発性熱産生身体活動量の3つからなります。その比率は、だいたい、基礎代謝量(60%)、食事誘発性熱産生(10%)、身体活動量(30%)といわれます。

 

総エネルギー消費量と構成割合

このうち、基礎代謝量と食事誘発性熱産生の2つは変動幅は大きくなく、総エネルギー消費量が多いか少ないかは、身体活動量によって決まるとされています。

 

つまり、運動したり、日常生活の中でよく動くほど、エネルギー消費量が多いということです。これはよく知られていることですね。

 

ここで着目してほしいのは、総エネルギー消費量のうち、基礎代謝によるエネルギー消費が全体の6割を占めるということです。

 

基礎代謝は、日々大きく変動することはありませんが、年齢とともに徐々に低下するものです。

 

年をとると痩せにくくなるのは、エネルギー消費全体の6割を占める基礎代謝が低下するからなんですね。

 

なので、基礎代謝を高めることが、エネルギー消費を増やし、痩せやすい体づくりに大切なことなのです。

 

運動する人がエネルギー代謝が高いとは限らない

総エネルギー消費量の3割を占める身体活動量には、運動によるものと、家事など生活活動によるものと、2つあります。

 

ここで注目してほしいのは、運動する人の方が、身体活動にともなうエネルギー代謝が高いとは限らないということです。

 

運動を習慣的に行なっていなくても、戸外での肉体労働や家事などによる生活活動が多い場合もあり、一概に運動を習慣化している人のほうが身体活動量が多いとは言い切れないのです。

 

注目される非運動性熱産生(NEAT(ニート))

近年、家事などの日常生活活動によるエネルギー消費が注目されています。これを非運動性熱産生(NEAT(non-exercise activity thermogenesis)ニート)といいます。

 

運動に限らず、家事など日常の生活活動を積極的に行なうことも、エネルギー代謝を高めるために、とても有効なのです。

 

現代人のエネルギー消費が減って肥満傾向になる背景には、このニートが減ってきていることも要因と言われています。生活が便利になりすぎているのでしょうね。

 

座ったままの時間を減らし、立つ、歩く、動く、といった日常の活動を増やすことが大切です。ニートが増えれば、直接的なエネルギー消費が増えることはもちろん、筋肉や内臓の老化を予防することにもつながり、基礎代謝も上がります。できるだけ体をこまめに動かすよう心がけましょう。

 

(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット)

 

あわせて読まれている記事

体幹トレーニング

体幹を鍛えることで基礎代謝が上がり、痩せやすいカラダに。しかも、くびれや美しいプロポーションもゲット。

 

酵素ダイエット

酵素を摂ることで基礎代謝アップ。酵素の豊富な栄養で健康的に無理なく痩せられます。そのうえ美肌効果も。

 


 

基礎代謝量が1日の消費エネルギー全体に占める割合関連ページ

年齢と基礎代謝量
基礎代謝量は年齢とともに低下します。基礎代謝量・基礎代謝規準(男女別・年齢別)を厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)よりまとめています。
筋肉・脂肪の代謝量
基礎代謝量の筋肉・脂肪・臓器ごとの割合(比率)をご紹介しています。