基礎代謝量(男女別・年齢別)

基礎代謝量とは、何もせず安静にした状態で消費されるエネルギー量のことです。

 

厚生労働省の「日本人の食事摂取基準」(2015年版)によれば、年齢ごとの基礎代謝基準値は次のようになっています。

 

男女別・年齢別・基礎代謝量

※ 厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)より作成。

 

男性
年齢

基礎代謝基準値

(kcal/kg体重/日)

参照体重

(kg)

基礎代謝量

(kcal)

10〜11歳

37.4

35.6

1,330

12〜14歳

31.0

49.0

1,520

15〜17歳

27.0

59.7

1,610

18〜29歳

24.0

63.2

1,520

30〜49歳

22.3

68.5

1,530

50〜69歳

21.5

65.3

1,400

70歳以上

21.5

60.0

1,290

 

女性
年齢

基礎代謝基準値

(kcal/kg体重/日)

参照体重

(kg)

基礎代謝量

(kcal)

10〜11歳

34.8

36.3

1,260

12〜14歳

29.6

47.5

1,410

15〜17歳

25.3

51.9

1,310

18〜29歳

22.1

50.0

1,110

30〜49歳

21.7

53.1

1,150

50〜69歳

20.7

53.0

1,100

70歳以上

20.7

49.5

1,020

※ 厚生労働省「日本人の食事摂取基準」(2015年版)より抜粋。

 

基礎代謝は、年齢とともに低下します。また、基礎代謝は、体重や体の組成によって異なります。体重が重く、筋肉量も多い方が、基礎代謝も高くなります。一般に、男性の方が女性よりも基礎代謝が高いのは、このためです。

 

基礎代謝量を上げるには?

加齢にともなう基礎代謝量の低下は、除脂肪量(体脂肪を除く筋肉・骨・内臓などの総量)の低下、特に骨格筋量の減少が主な原因とされています。

 

年齢とともに基礎代謝が低下することはやむを得ないとしても、その減少幅をできるだけ抑え、基礎代謝の著しい低下を防ぐことはできます。

 

体幹トレーニングによって、大きな体幹筋を効率的に鍛えることです。

 

(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット)

 

あわせて読まれている記事

体幹トレーニング

体幹を鍛えると基礎代謝がアップし痩せやすい体に。くびれや美しいプロポーションもゲット。

 

酵素ダイエット

酵素を摂って基礎代謝アップ。健康的に無理なく痩せられます。そのうえ美肌効果も。

 


基礎代謝量は加齢とともに低下する関連ページ

筋肉・脂肪の代謝量
基礎代謝量の筋肉・脂肪・臓器ごとの割合(比率)をご紹介しています。
基礎代謝が6割
基礎代謝量が総エネルギー消費量に占める割合は6割あります。