基礎代謝量

MENU

基礎代謝量

基礎代謝量 (Basal Metabolism(BM))

基礎代謝量とは、安静にしている時に、生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量のことです。

 

何もせずじっとしている時でも、体は生命を維持するために様々な活動が行われています。例えば、心臓や内臓を動かす、呼吸をする、体温を維持する…、といった活動ですね。これらの活動で消費される必要最小限のエネルギー量が、基礎代謝量です。単に基礎代謝とも言います。

 

基礎代謝量は年齢・性別が同じであれば体の表面積にほぼ比例するとされています。しかし、体の表面積を測定することは難しいため、近似値として、体重当たりの基準値が広く用いられます。

 

筋肉量を増やせば、加齢による基礎代謝の低下をカバーできる

基礎代謝量は加齢にともない低下します。それは、筋肉量の低下が大きいとされています。

 

基礎代謝量を体の組織別に見ると、筋肉、肝臓、脳がほぼ2割ずつを占めます。一般的に臓器のエネルギー代謝は、個人による違いはあまりありませんから、筋肉量の少ない人の方が基礎代謝量が低くなるのです。一般に、男性に比べ女性の基礎代謝量が低いのはこのためです。

 

運動不足の肥満者では、筋肉量が少なく、基礎代謝が低下しているため、減量がうまく進まないケースが多々あります。筋肉が増えれば基礎代謝量が増えるので、肥満の改善には筋トレが不可欠なのですね。

 

また、ウォーキング、水泳などの有酸素運動を続けることも基礎代謝を高める効果があります。

 

(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット)

 

あわせて読まれている記事

基礎代謝量とは関連ページ

食事誘発性熱産生
食事誘発性熱産生とは、食事をした後、代謝量が増大することです。
身体活動
身体活動とは、安静にしているとき以外の全ての活動のことです。運動と生活活動があります。