食事誘発性熱産生

食事誘発性熱産生 (Diet Induced Thermogenesis(DIT))

食事誘発性熱産生とは、食事をした後、代謝量が増大することです。

 

食事をすると消化などのために内臓が活発に活動します。体内に吸収された栄養素が分解され、その一部が体熱となって消費されます。このため、食事をした後は安静にしていても代謝量が増えます。

 

この代謝の増加を食事誘発性熱産生または特異動的作用といいます。

 

食事によってどれくらいエネルギー代謝が増える?

食事誘発性熱産生で、どれくらいエネルギーを消費するかは栄養素の種類によって異なります。

 

たんぱく質のみを摂取したときは摂取エネルギーの約30%、糖質のみの場合は約6%、脂質のみの場合は約4%で、通常の食事はこれらの混合なので約10%程度になります。

 

食事をした後、身体が暖かくなるのは、この食事誘発性熱産生によるものです。

 

加齢や運動不足で筋肉が衰えると、基礎代謝が低下するだけでなく、食事誘発性熱産生も低下します。逆にトレーニングで筋肉を増やすと食事誘発性熱産生は高くなるとされています。

 

また、食事の摂り方として、よく噛まずに飲み込んだり、流動食だけを摂る場合に比べると、よく噛んで食べる方が食事誘発性熱産生は高くなるといわれています。

 

よく噛んで食べると満腹感を得られるので太りにくいといわれますが、その他にも、よく噛んで食べることには、エネルギー代謝を増やす効果もあるのですね。

 

(参考:厚生労働省 e-ヘルスネット)

 

あわせて読まれている記事

食事誘発性熱産生とは関連ページ

基礎代謝量
基礎代謝量とは、何もせず安静にしている時に、生命維持のために消費される必要最小限のエネルギー代謝量のことです。
身体活動
身体活動とは、安静にしているとき以外の全ての活動のことです。運動と生活活動があります。