ローヤルエンザミン酵素

MENU

熱や酸に弱い酵素の弱点を克服

野菜や果物、発酵食品に含まれる酵素は、熱に弱く、48℃を超える温度環境では、酵素は壊れてしまうといわれています。

 

しかし、一般に酵素飲料(清涼飲料水)というのは、85℃で加熱殺菌が義務付けられていますから、酵素飲料といっても、酵素はほとんど壊れてしまっているのです。

 

なので、一般的な酵素飲料は、野菜や果物などの栄養素を摂取することはできますが、酵素を補うことは難しいのですね。

 

また、酵素は酸性やアルカリ性に弱く、胃酸の中では酵素の働きは失われてしまいます。

 

こういった熱や酸に弱い酵素の弱点を克服したのが、ローヤルエンザミン酵素です。

 

ローヤルエンザミン酵素おすすめポイント

熱に強いので加熱殺菌しても酵素が生きている

ローヤルエンザミン酵素は、納豆菌類を強化し、開発した独自のAK菌からできる、熱に強い特殊な酵素「エンザミン」を使用しています。食品分析センターの耐熱試験で、121℃までクリアしているようです。

 

通常、清涼飲料水の加熱殺菌は85℃ですから、エンザミンは壊れることなく、ちゃんと生きているというわけです。

 

酸に強いので胃で分解されず生きて腸まで届く

ローヤルエンザミン酵素は、耐酸性試験でpH1.2をクリアしているので、胃酸(空腹時pH1〜2)に負けない耐酸性があります。胃で分解されずに腸まで生きたまま届けることができます。

 

分子が小さいので吸収されやすい

エンザミンの分子は、普通の酵素の20〜2,000分の1と低分子(分子が小さい)なので、吸収されやすいという特徴があります。

 

低カロリー

一般的に酵素飲料は、発酵させるときに黒糖など糖を使用します。そのためカロリーが高くなりがちなのですが、ローヤルエンザミン酵素は納豆菌を使用するので、糖をあまり必要としません。

 

そのため、100mlあたり48kcalと非常に低カロリーです。

 

ローヤルゼリー配合

ローヤルエンザミン酵素には、高濃度のローヤルゼリーが配合されています。ローヤルゼリーには、必須アミノ酸やビタミンなど代謝を促す豊富な栄養素が含まれています。健康や美容にとても有効です。

 

酵素が生きているから効果が出る!

ローヤルエンザミン酵素のメイン成分は、植物発酵エキス「エンザミン」です。それと「ローヤルゼリー」です。

 

他の酵素ドリンクのように、原材料名に野菜や果物の名前がずら〜と並んでいるわけではありません。

 

しかし、そういった酵素ドリンクは、様々な栄養素を摂取できますが、生きた酵素を摂取することは難しいのです。

 

エンザミンは、微生物研究の世界的権威、元・京都大学医学部の赤澤一三博士の長年の研究改良によって完成した画期的な酵素で、「酵素の中の酵素」と呼ばれています。

 

それが生きたまま腸にまで届き、吸収されるので、従来の酵素飲料では効果を感じられなかった人でも、効果を実感している人が多数いるというわけです。

 

「エンザミン」と「ローヤルゼリー」のWパワーで、代謝を活性化させ、痩せやすいカラダになれるだけでなく、お肌もキレイになります。

 

あなたもワンランク上の酵素のパワーを試してみませんか?

 

詳しくは「ローヤルエンザミン酵素」公式サイトへ ↓

 

酵素が生きて腸まで届くローヤルエンザミン酵素関連ページ

ベジライフ酵素液
美容とダイエットに注目の酵素飲料(酵素ドリンク)。コストパフォーマンスで選ぶなら「美的90選ベジライフ酵素液」がおすすめです。
ごちそう酵素
酵素ドリンクと言えば、ドロドロしていて飲みにくというイメージがありませんか?「ごちそう酵素」は飲みやすさにこだわった、さらさらフルーティーテイスト。フレッシュジュースのように飲みやい酵素ドリンクです。
ベジーデル酵素液
ベジーデル酵素液は職人によって手間暇込めて水をいっさい使用しない凝縮酵素液。106種類もの植物を丸ごと3年間漬け込む製法なので、不足しがちな酵素をしっかり補えます。短期間集中ダイエットにおすすめ。